八代亜紀 舟歌

八代亜紀 舟歌

誰も知らない素顔の八代亜紀、と思ったら実は薄化粧なんだとか。

副業でブランド通販 > 八代亜紀 舟歌

八代亜紀とは

八代 亜紀(やしろ あき 本名:増田 明代(旧姓:橋本)、1950年8月29日 - )は日本の女性演歌歌手、画家。熊本県八代市出身。
読みは違うものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。
幼少の頃から父親の歌う浪曲を子守唄代わりに聴きながら育つ。そうした影響もあり、八代は歌好きの子供になり、地元のコンクールなどにも出場していた。
その後、八代が小学5年生のとき、たまたま父親が買ってきたジュリー・ロンドンのレコードを聴き、そのハスキーボイスに魅せられる。もともと自身もハスキーボイスの持ち主だった八代は、その声に若干のコンプレックスがあったようだが、ジュリーの声質に勇気づけられ、クラブ歌手になることを意識するようになる。
中学卒業後、地元熊本のバス会社九州産業交通(現 九州産業交通ホールディングス)のバスガイドとして勤務した後、15歳で父親の反対を押し切り上京。銀座のクラブ歌手となり、スタンダードやポップスなどを歌った。

ウィキペディアより抜粋。

八代亜紀 コンサート

八代亜紀さんといえばハスキーボイスで有名です。

トラック運転手の間で異常に人気があるのですが、それは以前「トラック野郎」シリーズの映画に出ていたからのようです。

また、女性歌手としての実績はすごいものがあります。

たとえば以下の通り。

演歌歌手には珍しく、全盛期においては出す曲全て連続ヒットを記録しており、女性演歌歌手の中では総売上枚数がトップである。なおオリコンのシングルチャートにおけるトップ10獲得作品数も通算7作で2011年6月に水森かおりの8作連続シングルチャートトップ10を更新されるまで女性演歌歌手歴代1位をキープし続けていた。また、アルバムも好セールスを記録しているため、オリコンの総合アルバム・チャートには5作品をトップ10に送り込み、演歌歌手としては、氷川きよし、五木ひろし、森進一に次ぐ第4位の記録である。総合アルバム・チャート・トップ10獲得連続年数は3年連続(1974-1976年)で、演歌歌手としては、氷川きよし(7年連続)、五木ひろし(4年連続)に次ぐ第3位の記録。(オリコン調べ、2007年9月現在)

すごいでしょ。

八代亜紀 舟歌 トップへ戻る