天童よしみ コンサート

天童よしみ コンサート

天童よしみ、といえば、なめたらあっかん~、のノーベルのCMを思い出す。

副業でブランド通販 > 天童よしみ コンサート

天童よしみとは

天童 よしみ(てんどうよしみ 本名:吉田 芳美、1957年9月26日 - )は、和歌山県田辺市芳養町出身の演歌歌手である。血液型はB型。
生まれは和歌山県田辺市であるが、幼少期に大阪府八尾市に移住し、現在も在住。父は東牟婁郡那智勝浦町出身。
1970年9月10日、中学生の頃に、吉田よしみ名義で『大ちゃん数え唄』を発売(コロムビアレコード SCS-114)。フジテレビ系列で放映されたテレビアニメ「いなかっぺ大将」の主題歌である。
1972年、讀賣テレビ「全日本歌謡選手権」で10週連続勝ち抜き、7代目グランドチャンピオンに輝く。レギュラー審査員のルポライター竹中労が作詞した『風が吹く』で、天童よしみとしてキャニオンレコードからプロデビュー。命名も竹中であった。
1986年12月にテイチクレコード移籍第一号として『道頓堀(とんぼり)人情』を発売するにあたり、北は北海道から南は福岡県まで1ヶ月で300件もの営業をこなし、有線からじわじわと人気が出、結果ヒット作となった。

ウィキペディアより抜粋。

天童よしみ 珍島物語

天童よしみさんは、どっしりとしたイメージです。

色々とヒット曲はありますが、大ちゃん数え唄がデビュー曲というのは知りませんでした。

それよりも、ノーベルの宣伝のイメージが強い。

自分の中では歌の上手いお笑い芸人的な感じがあるのですが。

苦労した後、1993年紅白歌合戦初出場、1996年に発売した『珍島物語』はロングヒットで130万枚を超える売上を記録。

自身初のミリオンセラーとなり、天性のキャラクターと相まって不動の人気を誇っている。

1998年には、「天童よしみキーホルダー」が若い世代の人気を呼び、話題となった。

ということで、やっぱりキャラクターがいいと思います。

コンサートはもちろん楽しいですよ。

天童よしみ コンサート トップへ戻る