水前寺清子 チーター

水前寺清子 チーター

水前寺清子がなぜ、チーター、なのか。調べてみました。

副業でブランド通販 > 水前寺清子 チーター

水前寺清子とは

水前寺 清子(すいぜんじ きよこ、本名:林田 民子、1945年10月9日 - )は、熊本県出身の日本の女性演歌歌手、女優。
熊本市立碩台小学校→洗足学園中学校・高等学校卒業。
愛称「チータ」はデビュー前からの物で、小柄であったため「ちいさいたみちゃんの気持ちを忘れないように」と作詞家の星野哲郎が命名したものである。芸名の水前寺は故郷・熊本市の水前寺成趣園から、清子は故郷・熊本の武将加藤清正から、それぞれ取ったもの。過去には長年にわたってサンミュージックプロダクションに所属していた。
見得を切りながらの歌唱は「ん-にゃっ!」という語尾ひねりによって物まねされることが多いが、本人の癖はそれほど強くない。しかし、自らの物まねを意識してあえてひねることもある。
1994年にサントリーフーズよりC.C.レモンという清涼飲料水が発売になり、そのCMソング「C.C.レモン」(商品と同名タイトル)を歌ったことで話題になる。

ウィキペディアより抜粋。

ありがとう 水前寺清子

水前寺清子さん、本名は民子で、チーターは「ち」いさな「た」みこだからだとか。

なんか、獰猛な肉食獣のイメージかと思ってましたが、だいぶ違うようです。

子供の頃、いっぽんどっこの唄、を覚えて、ぼろはきててもこころのにしき~と歌っていたらしいのですが、身に覚えがないんです。

それよりも、365歩のマーチとか、ありがとう、というドラマ、山田邦子のモノマネ、の印象が強いんです。

それと、紅白の司会のイメージも強いんですよね。

水前寺清子 チーター トップへ戻る