大川栄策 さざんかの宿

大川栄策 さざんかの宿

今も人気の大川栄策。タンスを担いでいた画像を思い出すんですが。

副業でブランド通販 > 大川栄策 さざんかの宿

大川栄作とは

佐賀県立佐賀商業高等学校を卒業と同時に上京し、作曲家古賀政男に弟子入り。
そして1969年に「目ン無い千鳥」(兄弟子、アントニオ古賀のB面だった)で念願のデビューを果たし、リバイバルヒットとなる。
以後、地道に“古賀メロディ”を歌い続ける。
1982年、吉岡治作詞、市川昭介作曲の「さざんかの宿」が180万枚の大ヒット。
NHK紅白歌合戦にも初出場した。相乗効果にて次作の「恋吹雪」もヒット。
最近では“筑紫竜平”のペンネームで作曲もこなし、恩師の影を追って韓国音楽にも果敢に取り組んでいる。
また、2007年11月21日より演歌界では初となる配信限定12週連続リリースを敢行した。

ウィキペディアより抜粋。

大川栄策 コンサート

大川栄作さんといえば、さざんかの宿とタンスを担いでいる画像を思いだします。

さざんかの宿よりも、タンスの画像の方が強烈です。

それにしても、演歌の歌手はみなただ歌がうまいというわけではなく、何か独特の個性というか味がありますよね。

この方などは特にそれを感じます。

カラオケで本人画像が出てくるだけで笑ってしまうのですが、それは失礼なわけですが、でもやっぱりアップなどになると、

お酒が入っているとなおさら笑ってしまうわけです。

大川栄策 さざんかの宿 トップへ戻る