新沼謙治 ディナーショー

新沼謙治 ディナーショー

ズーズー弁が印象的です。

副業でブランド通販 > 新沼謙治 ディナーショー

新沼謙治とは

新沼 謙治(にいぬま けんじ、本名同じ、1956年2月27日 - )は、岩手県大船渡市出身の演歌歌手・俳優・タレント。 血液型はA型。
日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』に応募。予選会で4度落選し、5度目の予選で本戦に出場。1975年の決戦大会で五木ひろしの『哀恋記』を歌って合格した。オファーしたプロダクションは男性史上最多の17社。
1976年2月1日、日本コロムビア(2002年10月から2010年9月までの社名はコロムビアミュージックエンタテインメント)から「おもいで岬」でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは、「気持ちよく悲しい男」。代表曲に「嫁に来ないか」、「ヘッドライト」、「渋谷ものがたり」、「津軽恋女」、「左官職人 こね太郎」など。

ウィキペディアより抜粋。

新沼謙治 嫁に来ないか

嫁に来ないか、という曲は子供の頃のヒット曲として覚えています。

朴訥な好青年の印象でした。

それにしても、デビュー時のキャッチフレーズ、「気持ちよく悲しい男」、というのは誰が考えたんでしょうね。

それと、結婚したのがバドミントン全英オープンを4連覇した世界的選手の湯木博恵だったというのは知りませんでした。

すでに、2011年に癌で先立たれたそうですが。

新沼謙治 ディナーショー トップへ戻る