都はるみ 好きになった人

都はるみ 好きになった人

都はるみ、数多くのヒットがありますよね。普通のおばさんになりたい宣言とかも。

副業でブランド通販 > 都はるみ 好きになった人

都はるみとは

都 はるみ(みやこ はるみ、1948年(昭和23年)2月22日 - )は、日本の女性演歌歌手。本名・北村春美(きたむら はるみ)。京都市生まれ。レコード会社は日本コロムビアに所属。所属事務所は「コロムビア音楽芸能」、「サンミュージックプロダクション」、「プロデュースハウス都」を経て再びサンミュージックに所属。
芸能好きの母親が、はるみが5歳の時から日本舞踊とバレエを習わせ、6歳の6月6日から母親自ら浪曲と民謡を教え始める。
1964年、「困るのことヨ」で、デビュー。同年「アンコ椿は恋の花」が大ヒット、第6回日本レコード大賞・新人賞を獲得する。うなり声のような力強いこぶし回しや、声を震わせるような深いビブラートが独特で、昭和40年代~50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、日本を代表する演歌歌手の一人となった。
1973年、「サンミュージックプロダクション」に移籍。1976年、「北の宿から」で第18回日本レコード大賞・FNS歌謡祭最優秀グランプリなど数々の音楽大賞を受賞する。1980年、「大阪しぐれ」で第22回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。

ウィキペディアより抜粋。

都はるみ 夢枕会

都はるみさん、ヒット曲はいろいろあるのですが、アンコ椿は恋の花、好きになった人、北の宿から、大阪しぐれ、

などが印象に残っています。

なかでも、好きになった人は子供の頃ずいぶんと歌った気がします。

北の宿からは、学生の頃でしたので、これもだいたい歌えます。

カラオケでは人気ですよね。

それと、タイヘイトリオの贔屓だった母に連れられて幼少期から歌謡浪曲ショウに親しみ、「アンコ椿は恋の花」の歌唱に際しては、

母からタイヘイ夢路のくどい節回し・拳回しを参考にするよう指導された結果、これを大ヒットさせた、というエピソード、

なんとなくうれしいんですよ、大阪のおっさんとしてはね。

都はるみ 好きになった人 トップへ戻る