前川清 コンサート

前川清 コンサート

前川清、はクールファイブのイメージしかない。

副業でブランド通販 > 前川清 コンサート

前川清とは

前川 清(まえかわ きよし、本名同じ、1948年8月19日 - )は演歌、ムード歌謡、バラード歌手、俳優である。
長崎県佐世保市松山町出身。血液型はO型。長崎南山高等学校中退。長男は歌手の前川紘毅で、姪の義弟に元俳優の加勢大周がいる。
1968年、高校を二年で中退後、セールスマンなどを経て、佐世保のキャバレーで歌っていたところを内山田洋に見出され、「内山田洋とクール・ファイブ」にリード・ヴォーカリストとして参加。
1969年2月5日、『長崎は今日も雨だった』でメジャーデビュー。同年の紅白歌合戦(第20回NHK紅白歌合戦)に初出場。「噂の女」(1970年)、「そして、神戸」(1972年)、「中の島ブルース」(1975年)、「東京砂漠」(1976年)など、全国レベルのヒット・ナンバーを数多く世に残した。紅白出場回数はクールファイブ時代とソロでの出場合わせて29回にも及び、歴代の白組で6番目に多い。
1987年、クール・ファイブ脱退によりソロ活動を本格的に開始。

ウィキペディアより抜粋。

前川清 クールファイブ

前川清、といえばクールファイブでの、長崎は今日も雨だった、そして神戸、などが印象的です。

また、歌手としてではなくコメディアンとしても面白かったことを覚えています。

競馬が好きで馬主であったり、若い世代との交流も積極的だったりと色々な才能がある方ですがやっぱり歌手なんでしょうね。

クリスチャンで洗礼名がセバスチャン、というのには笑ってしまいましたが。

前川清 コンサート トップへ戻る