細川たかし 北酒場

細川たかし 北酒場

細川たかし、なんであんなに声がいいんだろ?
民謡やってるからでしょうけど。

副業でブランド通販 > 細川たかし 北酒場

細川たかしとは

細川 たかし(ほそかわ たかし、本名:細川 貴志、1950年6月15日 - )は、演歌歌手。北海道虻田郡真狩村(まっかりむら)出身。血液型A型。三橋美智也に師事。2002年頃まではバーニングプロダクションに所属、その後は新栄プロダクションを経て、エフエンタープライズ系列の細川たかし音楽事務所に所属している。
歌手になるため、「1年で売れなかったら戻る」と約束して妻子を残し、北海道から上京した。1975年4月1日『心のこり』で歌手デビューする。第6回日本歌謡大賞で放送音楽新人賞を受賞する。伸びやかな高音と民謡で鍛えられた肺活量にて聞く者を圧倒させる。1985年には真狩村に「細川たかしを讃える碑」、1994年には「細川たかし記念像」(別名「歌う銅像」)が建てられる。『紅白歌合戦』(NHK)にはデビュー以来32回連続、通算で34回出場。民謡三橋流の名取であり、三橋美智貴(みはし みちたか)とも名乗り、2009年には芸歴35周年を迎えた。

ウィキペディアより抜粋。

細川たかしコンサート

細川たかし、といえば私の中では北酒場が代表曲なんですが、心のこり、でデビューして、矢切の渡し、浪花節だよ人生は、

など数々の名曲をヒットさせています。

心のこり、は、私バカよね、おバカさんよね、から始まるので、元々私バカよね、という題名だったそうですが、

挨拶回りで毎回「私バカよねの細川たかしです」というのはまずいということで曲名が変わったのだとか。

北酒場は、欽ドン、で露出が増えてヒットしたのですが、アキレス腱を切るという大けがをして仕事が激減したときに、

たまたま萩本欽一に、毎回来る?と言われて欽ドンに出るようになったとか、不思議な縁の持ち主のように見えます。

それにしても、色々とたたかれて、低迷しても、あの明るさがあるから、またヒットを飛ばすのでしょうね。

細川たかし 北酒場 トップへ戻る