堀内孝雄 愛しき日々

堀内孝雄 愛しき日々

ベーヤンと呼ばれている理由を知りたい。

副業でブランド通販 > 堀内孝雄 愛しき日々

堀内孝雄とは

堀内 孝雄(ほりうち たかお、1949年10月27日 - )は、歌手、作曲家。アリスのメンバー。愛称は「ベーヤン」。大阪市阿倍野区出身。
血液型はO型。桃山学院高等学校卒業 京都産業大学中退。所属事務所はアップフロントエージェンシー。

1971年12月25日に谷村新司と堀内孝雄が西心斎橋二丁目にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢透が合流することを前提に「アリス」を結成。

翌1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。同年5月5日に矢沢が正式に合流し、晴れて現在のアリスとなる。
「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「夢去りし街角」「秋止符」など、数々の曲を生み出した。

ウィキペディアより抜粋。

堀内孝雄 コンサート

堀内孝雄、がなぜベーヤンなのかというと、「ベーヤン」というニックネームは、「堀内」と言う名前から苗字が似ている

「堀部安兵衛」のベエからいつの間にか気づいたら呼ばれていたと言う(本人談)。

あだ名ですから、そんなもんでしょう。

アリスというグループは3人とも歌が歌えて、作詞作曲もできるというグループで、長い下積みの後、冬の稲妻でブレイクし、

その後チャンピオンまで一気に駆け抜けたというイメージがあります。

ソロでもヒットを飛ばしていましたが、いつの間にかフォークから演歌への転身しているのには驚いた記憶があります。

堀内孝雄 愛しき日々 トップへ戻る